桑都ゼミナール 西八王子にある“毎日通える”個別指導塾 小中学生のための高校受験専門塾

「桑都(そうと)ゼミナール」 西八王子にある高校受験専門の進学塾/「毎日通える」自律型学習塾/通塾無制限の学習塾/まじめな子のためのまじめな塾

※当塾は定員制の学習塾です。お問い合わせの前に、「残席情報」のページをご覧ください。

※入塾基準を「9科内申27(オール3)以上」とさせていただいております。

【連絡先】042-673-3353/soto.seminar@gmail.com

★☆西八王子の「毎日通える」個別指導塾★☆
桑都ゼミナールは西八王子にある「毎日通える」個別指導塾です。大手進学塾でキャリアを積んだ塾長が全生徒の全教科を直接指導します。塾生一人ひとりに対して,生活面もふくめて適切な受験指導をしていきます。「今のレベルよりも1ランク、2ランク上の高校」に合格させるため,妥協せずお子様を鍛え上げます。

★☆定額で毎日通える「通い放題」制★☆
桑都ゼミナールの授業料は学年ごとの定額制です。週に何回通っても,何教科の指導を受けても,授業料は変わりません。入塾したら是非毎日通っていただきたいと思います。通塾の曜日や時間も自由なので,いつ来ていただいてもかまいません。終了時間も決まっていないので,やるべきことが終わるまで,自分のペースでとことん勉強することができます。毎日、勉強だけに集中できる環境で、何時間でも勉強することができますので、当塾を自分の「勉強部屋」としてご活用いただけたらと思います。また,「勉強は塾でやり,家ではリラックスする」というメリハリをつければ勉強を毎日継続できるようになります。

平成29年度春期講習の概要です。

期間は、3月26日~4月5日(3月31日休講)の10日間です。
指導可能時間は13時~22時です。今年の春期講習は、学習時間無制限ですので、思う存分勉強できます。
1日9時間×10日間で、最大90時間、塾で勉強することができますよ。

学習時間の目安ですが、

現小6(新中1)と現中1(新中2)は1日4時間。

現中2(新中3)は、部活がなければ1日6時間、部活があれば4時間。

現小4(新小5)と現小5(新小6)は1日2時間。

こんな感じです。もちろん、フルタイム(9時間)学習も大歓迎です!


受講料はもちろん無料です(通常の月謝のみです)。どの塾よりも良心的な価格で、どの塾よりも圧倒的な学習量を確保します。

今回の春期講習から、「正式に入塾せずに講習だけ受講したい」という方はお断りしたいと思います。
今後、すべての講習会・特訓講座は、内部生のためだけにおこないます。

講習だけの通塾をお断りする理由は、いくつかありますが、いちばん大きな理由は、

講習だけ通ったとしても、あまり成果が期待できないからです。

これは当塾の講習会にかぎったことではありません。

講習で数週間がんばっても、それ以降も勉強を継続しなければ意味がありません。

たとえ一時的に目立った学習効果があったとても、勉強の習慣が途絶えれば、元の木阿弥です。

大変失礼な言い方で恐縮ですが、講習だけ通わせるのは、親御様の「自己満足」になりかねません。

当塾は、「毎日コツコツと勉強を継続させる」ことを方針にしています。だから、講習だけの通塾というのはその方針に相反するのです。

ですので、大変申し訳ありませんが、

桑都ゼミナールの各種講習(春期講習、夏期講習、冬期講習)・各種特訓講座(GW特訓、お盆特訓、大晦日・正月特訓)を受講するためには正式に入塾していただく必要があります。


講習だけのお付き合いではなく、高校入試の当日まで、「長く」・「深く」お付き合いをさせていただけたらと思います。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。


塾生の皆さまへ

来週の開校情報です。

1月30日(月):休講
1月31日(火):15時~22時
2月1日(水):15時~22時
2月2日(木):15時~22時
2月3日(金):15時~22時
2月4日(土):13時~22時
2月5日(日):13時~22時(延長します)


上記の時間帯で開校します。
2月中の日曜日は、入試および学年末テストが近いので、22時まで開校時間を延長します。

宜しくお願い致します。


 

塾生の皆さまへ


遅くなりましたが、今週の開校情報です。

1月25日(水):15時~22時
1月26日(木):15時~22時
1月27日(金):15時~22時
1月28日(土):13時~22時
1月29日(日):13時~19時
1月30日(月): 休講


上記の時間帯で開校します。
予定表通りの開校です。

宜しくお願い致します。
 

やってもいいし、やらなくてもいい。
 
勉強に限らず、日常生活において、こういうときってよくある。

やってもいいし、やらなくてもいいときに、
自主的に「やる」を選ぶ子が都立の良い高校に行くんだよね。
反対に、間髪入れず「やらない」を選ぶ子は、・・・・・・・・。

少なくともうちの塾生は「やる」子に育てたい。

 


◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

私はゴロ合わせが好きだ。
いうまでもないが、ゴロ合わせというのは、「泣くよウグイス平安京」(794年・平安京遷都)みたいなやつのことだ。

「イチゴパンツの本能寺」(1582年・本能寺の変)というのもある。
こんなアホなゴロも好きだ。

「dictionaryは字引く書なり」なんていい古典的なのもいいね。

「15×15=225 行こう・行こう・二人で日光」などの平方数を覚えるゴロも見事だ。



ゴロがあれば覚えやすいし、無味な暗記事項も楽しく覚えられる。さらに言えば、ゴロで覚えれば忘れにくい(定着しやすい)。
自分でオリジナルのゴロを考えたりするのも、勉強の一つだと思う。

ゴロ合わせは邪道どころか、勉強の正道だと思っている。




ちなみに、うちの塾の電話番号もゴロで選んだ。

電話を開通するとき、電話番号は、複数の候補から好きなものを選べるのだが、私は、与えられた3つの候補のうち、042-673-3353という番号を選んだ。

673-3353が、「胸さわぎ・さんざん誤算」というゴロで読めるからだ。
これは見事なゴロ合わせではないか。
そう思った。

ふつう、これから商売を始めようとしている人はこんな縁起の悪い番号を選ばない。
でも、私はあえてこの番号を選んだ。



経営にも、受験指導にも、誤算はつきもの。
だから慎重に慎重を重ねなくてはならない。

油断しているときに、この電話番号を見れば、そのことを思い出し、気を引き締めることができるだろう。
そう思ったのだ。

そう思うと、この番号はすごくいい。縁起などはまったく気にせず、私は迷わずこれを選んだ。
今も、選んで正解だったと思っている。






















というのは「後付け」で、

本当は「これは話のネタになる!」と思って選びました・・・。 

さらに、うちの塾はビルの103号室にある。
103→「とう・さん」→「倒産」。

カンペキでしょ!? 



 


◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

勉強法に汎用性を求めてはいけない。

Aくんに効果的だった勉強法が、Bくんにとっても効果的だとはかぎらない。 

だから、われわれ教師は、その子の特性を見きわめ、一人ひとりに合った勉強法を提示せねばならない。あれこれと試行錯誤しながら。 その意味での「個別指導」は、塾の規模や指導形態にかかわらず、不可欠なものだと思う。





勉強法において、「良い/悪い」、「正しい/間違っている」というのは一般論ではなかなか語れないものではない。

だが、ただ一つ、勉強法において、「絶対善」、すなわち、絶対的に真なること、絶対的に善なることがあるとすれば、それは「毎日勉強すること」だと思う。実にシンプルだが、毎日勉強することは、どんな子にも効果のある勉強法だ。


ちなみに、中学生にとっての「絶対悪」は、スマホだと思う。






◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

Q.本当に毎日通っていもいいんですか?

A.はい。是非毎日通ってください。毎日勉強する習慣を身につけてもらうためのシステムですので、遠慮せずに毎日お通いください。平日だけでなく、土日・祝日も通えます。ただし、毎月10日、20日、30日は休講日ですので通えません。
現在お通いいただいている塾生には、ほとんど毎日お通いいただいております。週2、3回しか通塾しない塾生はいません。





Q.塾生が毎日通うとなると、座席が足りなくなることもあるのでは?

A.ありません。「座席の数≧中1~中3の塾生数」の状態を維持しますので、「塾に行ったら座る席がなかった」ということはありえません。
当塾は全学年で21名の定員制です。指導の質を維持するために塾生の数はしぼります。 





Q.毎日個別指導が受けられるのに、どうして月謝がこんなに安いのですか?

A.塾長が儲けを度外視しているからです(笑)。大手の個別指導塾の場合、当塾と同じようなスケジュールで通塾すると毎月の月謝が7、8万円は下らないと思います。




Q.都立高校受験専門ということは、私立高校受験の対策はしてくれないのですか?

A.私立の受験対策もやります。
ほとんど場合、都立を第一志望にしていても、併願でどこかしらの私立を受験します。都立・私立に限らず、塾生が受験する高校の対策はすべてやります。
入塾時に都立志望でも、気が変わって私立単願に路線変更する場合も大丈夫です。責任もって、最後まで受験指導させていただきます。 





Q.高校生になっても通えますか?
A.現時点では通えません。中3の2月末で卒塾になります。
ただ、高校部を開設する構想はあります(いつになるかはわかりませんが・・・)。






Q.自転車置き場はありますか?

A.もちろん、ございます。下の画像のように、教室前のスペースに端から順に駐輪してください。
20170106_170928_570




Q.駐車場はありますか?

A.塾生が来校する時間(16時以降)より前でしたら、教室前のスペースにお車を止めることができます。




Q.「まじめな子のためのまじめな塾」とのことですが、不真面目な子は通えないのですか?

A.当塾の言う「まじめ」の定義は、「目標に向かって努力できること」と「校則や法律をきちんと守れること」の2つです。前者については、許容範囲は広めにしています。「今はまだがんばっていないけれど、きっかけと環境さえあればがんばれそう」であれば、OKとします。後者については厳しめです。髪を染めていたり、喫煙・飲酒をしていたりするような小中学生はお断りします。 

横山中の1年生の話。

冬休み明けにスペリングコンテスト(通称スぺコン)が実施されるらしい。
そのスぺコンのための勉強が、冬休みの宿題になっている。

内申に影響するにせよ、影響しないにせよ、スぺコンには真剣に取り組ませたい。
「スぺコンにアツくなる中学生」に育てたいですね。

練習用にプリントを作りました。順番を並び替えて何パターンか作ってあります。
20161229_101839_710

あと、百人一首の暗記も冬休みの宿題にでいている。
もし百人一首をすべて暗唱できたら、定期テストで100点とることなんかよりよっぽどすごい。
20161229_102000_488

スぺコンも百人一首も、学校の先生が折角くれた学習機会。
このすばらしい学習機会を無駄にすべきではない。
というか我々大人が無駄にさせるべきではない。

 






 


◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

桑都ゼミナールは、無料で、1週間の体験通塾をすることできます。
というか、体験なしで入塾することはできません。


1週間、試しに通ってみて、「本当にこの塾で勉強できるのか」を判断してみてください。

体験授業を受けた子の中には、1週間通いきれず、途中でリタイアする子もいます。私語が一切ない静かな教室で、黙々と勉強することを苦痛に感じたようです。

また、ウチのような自学自習スタイルが合わず、つきっきりで教えてくれる他塾を選んだ子もいます。

いずれにしても、1週間の体験を通いきれない子は当塾には合っていません。生徒さん本人が「また明日も行こう」という気持ちにならなければ、入塾しても長続きしません。

もし当塾を気に入っていただけた場合も、即決はせずに、他の塾もいくつか体験してみるのがおすすめです。あまり急がず、複数の塾を比較してみてください。塾選びは本当に大切です。慎重にお願いします。

自分にいちばん合った塾に入塾されるのが何よりです。






 


◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

↑このページのトップヘ