桑都ゼミナール 西八王子にある“毎日通える”個別指導塾 小中学生のための高校受験専門塾

「桑都(そうと)ゼミナール」 西八王子にある高校受験専門の進学塾/「毎日通える」自律型学習塾/通塾無制限の学習塾/まじめな子のためのまじめな塾

※当塾は定員制の学習塾です。お問い合わせの前に、「残席情報」のページをご覧ください。


【電話番号】042-673-3353
【メール】soto.seminar@gmail.com
※お問い合わせは、できればEメールでいただけると助かります。


★☆西八王子の「毎日通える」個別指導塾★☆
桑都ゼミナールは西八王子にある「毎日通える」個別指導塾です。大手進学塾でキャリアを積んだ塾長が全生徒の全教科を直接指導します。塾生一人ひとりに対して,生活面もふくめて適切な受験指導をしていきます。「今のレベルよりも1ランク、2ランク上の高校」に合格させるため,妥協せずお子様を鍛え上げます。

★☆定額で毎日通える「通い放題」制★☆
桑都ゼミナールの授業料は学年ごとの定額制です。週に何回通っても,何教科の指導を受けても,授業料は変わりません。入塾したら是非毎日通っていただきたいと思います。通塾の曜日や時間も自由なので,いつ来ていただいてもかまいません。終了時間も決まっていないので,やるべきことが終わるまで,自分のペースでとことん勉強することができます。毎日、勉強だけに集中できる環境で、何時間でも勉強することができますので、当塾を自分の「勉強部屋」としてご活用いただけたらと思います。また,「勉強は塾でやり,家ではリラックスする」というメリハリをつければ勉強を毎日継続できるようになります。

塾生の皆さんへ


日々の在宅学習、ごくろうさまです。


連休中のスケジュール&報告書の提出は「自由(=必須ではない)」とさせていただきますが、できるかぎりご提出ください


連休明けにはカリキュラムテスト(塾のテスト)を予定通り実施しますので、連休中もちゃんと勉強の時間をとっていただきたいと思います。


よろしくお願いします。


niyatsuki-hiyoko






塾生へ


日々の在宅学習、ごくろうさまです。


ONE WORLD(英語の教科書)の本文を暗記してください


日本語訳を見て、英文を書けるようにしてください


1字1句正確に、ですよ。



教科書の本文暗記ができたら、「英作文プリント」をやってみましょう


以下の各項目をクリックすればPDFが開き、閲覧やダウンロードできます。


おうちにプリンターがプリントアウトしてください。


プリンターがなければ、PDFを見ながら、なにか別の紙にやってください。


英作文プリントは、「確認テスト」として取り組んでください


何も見ずに、自力で取り組んでください


本気でやってください



添削(※「てんさく」と読みます。丸付けのことです)は、私がやりますので、写真にとってご提出ください。


名前をちゃんと書いておいてください。


あと、各プリントに「開始時刻(=解き始めた時間)」と「終了時刻(=解き終わった時間)」を記入しておいてください(そうすれば、そのプリントを終わらすのにどのくらいの時間がかかったのがわかるので)


よろしくお願いします。



【中1】
レッスン1添削プリント(全7枚)



【中2】
Lesson 1 Part 1添削プリント
Lesson 1 Part 2添削プリント
Lesson 1 Part 3添削プリント
Lesson 1 Part 4添削プリント



【中3】
Lesson 1 Part 1添削プリント
Lesson 1 Part 2添削プリント
Lesson 1 Part 3添削プリント
Lesson 1 Part 4添削プリント






wotagei






塾生の皆さんへ


4月30日(木)は、14時~19時の時間帯で塾にいます


ご用がありまたら、塾におこしください。


ただし、来校の際は事前にご予約ください。


よろしくお願いします。


14





塾生の皆さんへ


明日4月29日(水)は国民の祝日ですので、

学習スケジュールと学習報告書の提出は、「任意」「自由」とさせていただきます



提出は必須ではありませんが、スケジュールやその進捗状況を私にチェックしてもらいたい方は、

どうぞ遠慮なくご提出ください。


よろしくお願いします!










追伸

「アベノマスク」、我が家には届いております(笑)
糸くずが入っていましたが(笑)

IMG_20200428_173456


nunomasuku






中1生へ


中1生の皆さんには、英語の「予習ノート」を作ってもらっています。(→詳細はコチラ
※まだ手付かずの子もいます。いったいいつになったら作ってくれるんですかねぇ(おこ)
20200418_160657


予習ノートを作るときの注意点をあげます。

レッスン1の予習ノートを提出してくれた子のほとんどが、できていなかったことです。



①レッスンの番号、パートの番号をちゃんと書いてください。
IMG_20200428_130531



②英文と英文の間は、余白(2、3行)をたっぷりとる。あとで、赤ペンで書き込むためです。
IMG_20200428_130634



③左ページの英文(本文)と右ページの日本語訳の位置(高さ)をそろえる。その方が見やすいと思います。
IMG_20200428_130351



④ピリオド(.)の付け忘れに気をつける。



⑤カンマ(,)の付け忘れに気を付ける。
※たとえば、Nice to meet you, too.のカンマとかね。皆さん、今のところ100パーセントの確率でカンマを付け忘れていますよ(;^_^A



⑥カンマ(,)とピリオド(.)をはっきりと区別する。
※皆さんの書いたものを見ると、ほとんどのカンマがピリオドに見えます

カンマとピリオドについては、もっと意識してくださいね。テキトーにやっちゃダメよ。



⑦文の先頭は大文字です。また、固有名詞(人の名前とか国名・地名など)は、文の途中であっても頭文字を大文字にします。



以上です。

まあ、他にも言いたいことはたくさんありますが、提出してくれたら、その都度注意しますね。


よろしくお願いします。






iraira-hiyoko







塾生の皆さんへ


日々の在宅学習、ごくろうさまです。


「学習スケジュール&学習報告書」の用紙がそろそろなくなると思います。


用紙は、コチラからダウンロードできます。


プリンターがおうちにあれば、プリントアウトして使ってください。


おうちにプリンターがなければ、別の紙(なんでも可)で代用してください。


ただし、別の紙で代用する際は、「時間」「教科」「学習内容」の3点がわかるようご報告ください。


よろしくお願いします。


pasokon-hiyoko (1)


塾生の皆さんへ


日々の在宅学習、ごくろうさまです。


ノートや暗記ペン、学習スケジュール(学習報告書)の用紙は足りていますか?


直接質問したいこと、困っていることはありませんか?



休校期間中でも、私が塾にいる日は、ご来校いただいてかまいません
私が塾にいる日時については「連絡板」をご確認ください。


散歩として外出し、ちょっと塾に立ち寄って、必要な文具や教材を「テイクアウト」してください。


また、在宅学習中でわからなかった問題の質問にもお受けしますよ。


もちろん、「密」を避けるために同じタイミングに複数の生徒がいないようにしますし、長居はさせません(長くても15分まで)。


ただし、ご来校の際は、事前にご予約ください。また、外出について、かならず親御様の許可をもらってください(重要)


遠慮なく、ご相談ください。





※テイクアウトできるもの

ノート
20200421_182119



暗記ペン①(オレンジペン)
20200421_181810



暗記ペン②(緑マーカー)
20200421_181834



その他、各種プリント、教材

※あ、もちろんすべて無料ですよ。

塾生の皆さんへ


日々の在宅学習、ごくろうさまです。


塾生の1日の平均学習時間を出しました。


学年ごとに発表しますよ。


1年:222分(3時間42分)

2年:268分(4時間28分)

3年:341分(5時間41分)
※各塾生のここ5日間の学習時間の平均を求め、そこから各学年の平均を出しました。


いかがでしょうか?


平均なので、やはり「少なすぎず、多すぎず」といった感じですね。


まあ、こんなもんでしょう。


勉強時間が平均よりも大幅に少ない方は、日々のスケジュール作成を見直したほうがいいかもしれませんね。


「貴様、やる気あんのか?」っていう感じのスケジュールを毎日送ってくる子もいますし(笑)


ぜひご参考にしてください。






niyatsuki-hiyoko





中1生、中2生の皆さんへ


日々の在宅学習、おつかれさまです。


理科のテキスト『ウイニング』の進め方について、ちょっとアドバイスさせていただきます。


ぜひ参考にしてください。
IMG_20200421_131617


①『ウイニング』の問題を解き始める前に、まずは教科書や動画を使って、これから勉強する内容を「おおまかに」インプットしましょう


理科については、教科書だけでなく、動画も見ておいたほうがいいと思います。

特に、実験は、教科書だけだとわかりずらいので、ちゃんと映像で確認しておいたほうがいいでしょう。

まずは「おおまか」でかまいません。細かいところは置いておいて、学習内容をざっくりとおさえましょう



②教科書や動画で、学習内容を「おおまかに」おさえたら、今度は『ウイニング』の「学習のまとめ」(要点のまとめページ)を「じっくり」読み込んで、覚えるべき知識をしっかりインプットしてください



20200418_110948
20200418_105035


↑上の写真のように、「覚えたい!」と思うところを、緑マーカー(赤シートをかぶせると黒くなるやつ)で塗ったりしながら暗記していきましょう


『ウイニング』に限らず、定評のある塾教材の「要点のまとめ」は、重要な知識が本当によくまとめられていますので、スミからスミまで覚えるつもりでもいいと思いますよ。



③インプットが済んだら、『ウイニング』の「練習問題」を解きましょう


もちろん、あとで復習するためにも、問題はノートに解きましょう。


まずは何も見ずに、「テストモード」で解いてみてください。


20200419_170412


いつも言っていることですが、丸付けはこまめにしましょう

できなかった問題については、解説をよく読んでください。

また、解説を読んで、「なるほど!」とか「そう考えればいいのか!」とか「それは、知らんかったわー!覚えておこ!」などと思ったことは、ノートの余白にメモをとっておいてください。

できればメモは、解説の丸写しではなく、簡潔にまとめたり、自分なりに図式化したりして、「ポイントをとらえる」ことを意識してください。

理科は「原理・原則の理解」を目指す教科ですので、この「ポイントをとらえる」という姿勢がとても大切なんです(まあ、理科に限ったことではないが)


「練習問題」はだいたい3ページくらいありますが、この3ページに、重要問題、典型問題が網羅(もうら)されています。「練習問題」を何度も繰り返してマスターするだけで、十分な実力が身につくでしょう(マジです)。



④「練習問題」をマスターできたら、「実戦問題」にチャレンジをしてください

ただし、実戦問題は、初見で(1回目で)できなくても気にする必要はありません。解説を読んで、「なるほど」と思えるくらいで十分です。



「強化学習」ページを解いてみましょう

「強化学習」では、重要な計算問題や作図問題の練習ができます。

「強化学習」を解くときは、まずは例題を解いてみましょう

解説を見ながらでもかまいませんので、例題を通じて、解き方(プロセス)を覚えてください

例題で解き方を覚えたら、その下の類題を解いてみてください。



章末の「図表整理」「用語」「記述」「章のまとめ」は、定期テスト前にやると、知識の整理ができて効果的です



※なお、「プラスアルファ」のページは、主に私立中学校に通う子たちのための問題なので、我々はやる必要がありません。



『ウイニング理科』は、良質な問題が多数収録されていますが、理科が苦手な子は、とりあえず「学習のまとめ」(要点のまとめ)をしっかり覚えること、「練習問題」(2、3ページ程度)を何度もやり込むことに専念してください



以上です。


がんばりましょう!






meganekakehiyoko







塾生の皆さんへ

日々の在宅学習、ごくろうさまです。


今回は、社会の『ワーク』の進め方について、アドバイスをします。


このアドバイスは、特に中1生、今年入塾した中2生向けになります。


20200420_135639


『ワーク』の各単元は、「一問一答式」→「基本ワーク」→「重点ワーク」→「練習問題」の4段階の問題で構成されています。


まあ、これは私の個人的な感覚ですが、

この4つのうち、

「一問一答」と「基本ワーク」は(どちらかというと)インプット用(知識の整理用)、

「重点ワーク」と「練習問題」はアウトプット用(力だめし用)


だと思っています。


このことをふまえたうえで、以下のようなアドバイスをさせていただきます。


『ワーク』に取りかかる前に、教科書を熟読すること

『ワーク』でアウトプットする前に、まずは教科書でインプットです。


ただ教科書に目を通すだけではいけませんよ。そんなのは「読んだ」ことになりません。ただ教科書を「眺めた」だけです。


教科書を読みながら、大事そうなところには線を引いたり、わからない言葉があったら調べたりしてください(調べてわかったことは教科書の余白にメモを残しておくこと)。


つまり、教科書は、ぼーっと読むな、「頭を使いながら」読め、ということです。


特に社会の勉強においては、教科書は「基本書」です。


社会を勉強しているときは、教科書をつねにかたわらに置いてください。

また、わからないことがあれば、教科書に立ち返って調べてください。


動画(映像授業)も見られるようにしていますが、まずは教科書をベースにして社会の学習を進めてください。


※ただし、いくら教科書が大事だからといって、教科書の内容を「すべて」ノートにまとめる必要はありません(時間の無駄です)。「ノートまとめ」の対象は、苦手なもの(なかなか覚えられないもの)だけにしぼるべきであり、網羅的なまとめノートは不要です。



②教科書の熟読が終わったら、『ワーク』に取りかかりましょう。まずは「一問一答式」ページをマスターします


このページは(どちらかというと)インプット用ですので、以下のように答えをあらかじめオレンジペンで書き込んでおくのがおすすめです。
20200420_172643


赤シートを使いながら、覚えてください。

また、問題文中にも大事そうなことが書いてあれば、そこも緑マーカー(赤シートをかぶせると黒くなるやつ)で塗るなどして覚えてください。

20200418_112652

これは社会の勉強に限りませんが、

一つの問題からできるだけ多くのことを学ぼうとする姿勢が大切です。

たとえば、上の写真の「三大洋とは、(   )・大西洋・インド洋を指している。(   )に入る言葉は何か。」という問題なら、

そこから、答えの「太平洋(は、三大洋のうちの1つ)ということしか学べないのであれば、それは実にもったいない。


この場合だったら、「太平洋、大西洋、インド洋の3つをまとめて三大洋と呼ぶ」ということを、この一問から学んでほしいんです。

問題になっている部分だけでなく、その「周辺」も一緒に覚えるということです。


また、たとえば、「イギリスのロンドンを通る経度0度の経線を何というか」という問題では、

「本初子午線」と答えられるようになったら、
20200418_112754

ぜひ、その「逆方向」でも言えるようになりたいですね。

そう、つまり、「本初子午線とは何か」→「ロンドンを通る経度0度の経線」と、言えるようにもなりたいです。

このように、一問一答式の問題では、「一方通行」的な覚え方だけでなく、答えから問題文を言えるようになるまで勉強すれば、もう完璧ですね


いいですか。大切なことなのでもう一度言いますよ。

一つの問題からできるだけ多くのことを学ぼうとする姿勢を身につけてください。

この姿勢は、社会に限らず、どんな教科を勉強するときでも大切です。


ある程度覚えたら、答えを赤シートで隠して、ノートに解いてみましょう。丸付けをして、ちゃんと覚えられているどうかセルフチェックしてください。


できなかった問題については、その場で、すぐに覚えてください。


社会に限りませんが、問題集に取り組むときは、今やっているページを完璧にしてから、次のページに進んでください

中途半端な知識のまま、ページを進めてはいけません。

同じ知識を問う問題が形を変えて何度も出てきますので、不十分な理解のまま進めると、同じ間違いを繰り返してしまいます。



③「一問一答式」ページをマスターしたら、今度は「基本ワーク」のページに取りかかりましょう

「基本ワーク」は図表問題メインのページです。
20200418_111510

先の「一問一答式」と同じように、どちらかというインプット用のページですので、あらかじめオレンジペンで答えを書き込んでおくのをおすすめします。

問題になっていないところでも、大事そうなところは、緑マーカーで塗って覚えましょう。

地図やグラフなどの資料がある場合、それを見て気づいたこと、そこから読み取れることを「言語化」し、余白にメモをとっておくといいですよね。(※「言語化」というのが大事です)

こんな感じ↓です。
20200420_135328
20200420_135214


社会に限りませんが、インプット用の教材・ページには、追加情報をどんどん書き込みましょうこれは、勉強の「鉄則」ですよ。


このページもある程度覚えたら、ノートに解いてみましょう。丸付けをしてセルフチェックしてみてください。



④「一問一答式」「基本ワーク」をマスターしたら、「重点ワーク」の問題を解いてください

何も見ずに、自力で解きましょう。「テストモード」で解いてください。

丸付けをして、できなかった問題は、赤ペンで正しい答えを書きましょう。

そして、ここからが大切です。「丸付けをしてから」が(本当の意味での)勉強です。


できなかった問題については、解説や教科書をよく読んでください。


「なるほど!」とか「それは知らなかったわ~!」ということは、ノートの余白にメモをしておきましょう。


メモをとるときの注意点ですが、できるだけ簡潔に、図式化できるものは図式化して、まとめるのがいいでしょう。


まあ、解説や教科書に書いてあることを丸写ししてもいいんですが、できることならポイントを抽出(ちゅうしゅつ)して、メモをとれるようになるといいですね(これも社会に限った話ではなく)。
IMG_20200420_132952


「重点ワーク」の問題の直しをちゃんとしてから(覚えるべきこともちゃんと覚えてから)、「練習問題」のページに進んでください。

さっきも言いましたが
、「今やっているページを完璧にしてから、次のページに進む」を徹底してください。



⑤「重点ワーク」のページをマスターできたら、最終関門である「練習問題」ページにチャレンジしましょう


これも、何も見ずに「テストモード」で解いてみてください。


先の「重点ワーク」と同様、できなかった問題についてはきちんと直しをすること。知らなかったこと、調べたことは、ノートの余白にメモをとっておく。



時間を空けて、「一問一答式」から「練習問題」までを何度も復習すること。


そのなかで、いつも間違える問題、なかなか覚えられないことは、復習ノート(ルーズリーフ)やカードにまとめるといいでしょう。

ただし、「ノートまとめ」や「カードづくり」は、時間がかかるものなので、どうしても覚えられないものだけにしておきましょうね。



以上です。


テキストの進め方について、わからないことがあれば、いつでも聞いてください!


がんばりましょう!





meganekakehiyoko






↑このページのトップヘ