定期テストの国語は、良くも悪くも、暗記科目です。その意味では社会に近い科目です。

授業で先生が強調したポイントとワークで問題となっている部分を暗記すれば、おのずと高得点がとれます。
定期テストの国語では、読解力なんて問われていません。

効果的な勉強法として、教科書(もしくは教科書のコピー)に、板書内容、ワーク(学校のも塾のも)の内容をどんどん書き込んでいくことがおすすめです。

20161210_121145
20161210_121231

複数の教材から得られる情報を1つにまとめます。これは国語に限らず、勉強の基本作法の一つですね。
テスト直前期に「これだけ読んで覚えればいい」というのを1つ作っておくわけです。



このように、学力テストや入試とは異なる勉強法が求められます。定期テストでは、「読解力」があるだけではダメなんです。だって、定期テストの国語は、良くも悪くも、暗記科目なのだから。