問題演習中に、弱点(苦手分野)が発見されれば、それだけを集中的に練習できるプリントを出します。

弱点克服プリントのヴァリエーションは豊富にあります。
よくある典型的な弱点に対応するプリントはだいたい用意してあります。

しかし、つまずくところは生徒一人ひとり異なります。
「そこでつまずくのか~」と感じることなんてしょっちゅうです。だから、その子のためだけにプリントを作ることもよくあります。
当塾は、このような個別対応を「個別指導」だと考えています。大手塾のアルバイト大学生が教える1対2の「なんちゃって個別指導」とは全く別次元の個別指導です。

20161210_120928
写真は、関数の式を立てるのが苦手な生徒用。
「比例と反比例が混ざると、どっちの式を立てればいいかわからない」という生徒は少なくありません。