桑都ゼミナールは決して楽しい塾ではありません。

教室の中では、生徒同士のおしゃべりは禁止されています。

同じ学校の生徒でなければ、名前も学年も知らずに卒塾することになるでしょう。

同じ学校であっても、開始時間も終了時間も一人ひとり異なるので、一緒に通塾することもできません。

講師の世間話・雑談もありません。原則、勉強以外の話はしません。

各々、黙々と自分の課題を進めます。それも大量の問題演習をこなします。

塾特有の楽しい要素がまったくありません。その意味では、桑都ゼミナールは、非常に「つまらない塾」です。

塾で友達をつくりたいと思っている子、みんなでわいわいがやがやと勉強したいと思う子には絶対におすすめできません。


ただ、そんなつまらない塾ですが、勉強を楽しいと感じさせる塾でありたいとは思います。

できないことができるようになったり、テストで点数や偏差値が上がったら、誰だってうれしいものです。

子どもたちが、「わかる」ことや「できる」ことの喜び・楽しさを知り、自律的に勉強できるようになるための環境づくり。私はこれに、時間・労力・私財のすべてをかけています。

決して楽しい塾ではありませんが、「もっと成績を上げたい」とか「あの高校に行きたい」とか思っている子にはうちの塾はおすすめですよ。