勉強とは、いつもシンプルなものだ。

勉強とは、端的に言えば、①目の前にある問題を、「できる問題」と「できない問題」に「仕分け」て、②「できない問題」をできるようにすることである。

いかなる勉強も、結局は、この①と②の作業に還元することができる。

だから、①の仕分け作業の段階で、ごまかしがあってはいけない。

「できる問題」とは、「一見して即座に答えもしくは解法が思い浮かぶ問題」のことである。
「時間をかけて、やっとできた問題」や「ヒントをもらってできた問題」は、「できない問題」に仕分けるべきなのだ。
この仕分け作業において、自分に厳しくできるかどうかが、今後勉強ができるようになるかの試金石ではなかろうか。

言うまでもなく、「できなかった問題」をこっそり(誰も見ていないから)「できる問題」に仕分けることは論外である。

自分に甘いヤツは、永遠に勉強ができるようにならない。

桑都ゼミナールは、自己鍛錬の場である。
自分に厳しくできる者たちだけが集う場でありたい。


 






◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103