中3生の皆さんへ

しつこいようですが、夏休みの宿題は、早めに終わらせてください

夏期講習が始まる前に、ある程度終わらせること。それができなければ、塾の休校日に進めてください。

くれぐれも以下のようなことがないようにしてください。

・夏休みの宿題をするために、塾を欠席すること。
・夏休みの宿題をするために、塾を遅刻すること。
・夏休みの宿題をするために、帰宅時間を早めること。


よろしくお願いします。
※毎年、こういう子がいますので、事前に釘をさしておきます。



学校の宿題に命をかけている子」が各学年にいます。けっこういます。特に、女の子に多く見られます。

もちろん、なにごとにも愚直に取り組むことは立派なことだと思います。

ただ、はっきりと言っておきますが、

中学生のうちから、学校の宿題に多大な時間と労力をかけている子は、先が思いやられます。

中学生のうち(高校受験のうち)は、それでも何とかなるかもしれませんが、高校に入ってから、伸び悩みます。


もし、「進学校」と呼ばれている高校に行きたいのであれば、学校の宿題・課題を迅速に処理できる能力・資質が必要不可欠です。

とりわけ、「ウチは、予備校いらずですよ~」などとほざいてい…いや、おっしゃっている高校であれば、なおのことです。

そのような高校では、宿題や課題が大量に出されます。中学校のそれとは比べものにならないくらい膨大な量の課題です。文字通り「課題漬け」の3年間になります。処理能力が乏しいと、日々課題に追われ、本当にやりたい勉強・やるべき勉強ができずに大学受験が終わってしまいます


だから、もし「進学校」に進みたいのであれば、愚直であることも結構ですが、それよりも要領の良さにこだわってください。「要領の良さ」は、進学校を志望するための必須要件です


自分は要領が悪いと自覚している子は、是非私にご相談ください