桑都ゼミナール 西八王子にある“毎日通える”個別指導塾 小中学生のための高校受験専門塾

「桑都(そうと)ゼミナール」 西八王子にある高校受験専門の進学塾/「毎日通える」自律型学習塾/通塾無制限の学習塾/まじめな子のためのまじめな塾

※当塾は定員制の学習塾です。お問い合わせの前に、「残席情報」のページをご覧ください。

※入塾基準を「9科内申27(オール3)以上」とさせていただいております。

【連絡先】042-673-3353/soto.seminar@gmail.com

★☆西八王子の「毎日通える」個別指導塾★☆
桑都ゼミナールは西八王子にある「毎日通える」個別指導塾です。大手進学塾でキャリアを積んだ塾長が全生徒の全教科を直接指導します。塾生一人ひとりに対して,生活面もふくめて適切な受験指導をしていきます。「今のレベルよりも1ランク、2ランク上の高校」に合格させるため,妥協せずお子様を鍛え上げます。

★☆定額で毎日通える「通い放題」制★☆
桑都ゼミナールの授業料は学年ごとの定額制です。週に何回通っても,何教科の指導を受けても,授業料は変わりません。入塾したら是非毎日通っていただきたいと思います。通塾の曜日や時間も自由なので,いつ来ていただいてもかまいません。終了時間も決まっていないので,やるべきことが終わるまで,自分のペースでとことん勉強することができます。毎日、勉強だけに集中できる環境で、何時間でも勉強することができますので、当塾を自分の「勉強部屋」としてご活用いただけたらと思います。また,「勉強は塾でやり,家ではリラックスする」というメリハリをつければ勉強を毎日継続できるようになります。

カテゴリ: 指導方針

~桑都ゼミナールの指導方針~
 
  • 小中学生のうちから大学受験を視野に入れ、高い目標をもって高校受験に臨ませる。

     
  • 高校受験だけでなく、大学受験にも役に立つ「自学自習」の姿勢を身につけさせ、「自分で勉強ができる子」に育てる。

 
  • 「学校の勉強の延長線上に志望校合格がある」ことを理解させ、毎日の学校の授業はもちろんのこと、宿題、提出物、小テストなどにもぬかりなく取り組ませる。

 
  • 日々、「何を」・「いつまでに」・「どうやって」学習するかを指示し、十分な勉強量を確保させる。
     
    「何をしたらいいかわからないから勉強しない」という子は少なくありません。具体的な学習指示をすれば,お子様の勉強量は格段に増えます。
 
  •  苦手教科をつくらせないように、日々、5教科すべてをかたよりなく学習するよう指示する。
    高校入試で求められるのは全教科まんべんなくできる「総合力」です。苦手教科があると上位校への合格は難しくなります。 


     
  • 定期テストには「完璧主義」で取り組ませる。テスト範囲のすみずみまで覚え切り、450点を確実にとれるように指導する。 

 
  • 入試においては、当日点に過度に期待せず、内申点を十分に確保させておく。
     
    中学生の精神面は非常にデリケートなものです。入試では「いつも通り」がむずかしいのです。だから,都立高校入試では,当日点をあてにせず,固定点である内申点を十分に確保することが必要です。

 
  • 1教科でも絶対的な得意教科をつくり、入試では得意教科で点数を稼ぎ、その他の教科で受験者平均点を確実にとれるように指導する。
    ここで言う「絶対的な得意教科」とは,偏差値65以上を維持できる教科のことです。都立高校入試では,倍率が2倍を超えることはめったにないので,受験者の平均点をとれれば十分合格できるのです。 

桑都ゼミナールは,「毎日通塾型の個別指導塾」です。


ここで,「毎日通塾」を成り立たせるために,どのような形態で指導がおこなわれるかを説明します。

 
桑都ゼミナールの指導形態は,
「個別演習型」,「自立指導型」、「巡回指導型」「集団個別型」などと呼ばれる指導形態に近いと思います。

桑都ゼミナールでは,いわゆる「授業」は行われません。
この意味で,従来の集団指導塾や個別指導塾とは大きく異なります。


それでは,桑都ゼミナールが提供する「個別指導」とは何なのか。

一言で言うと,「生徒一人ひとりに合った学習指示とその点検」です。
これだけということでもありませんが,これがメインなのは間違いありません。

毎日,塾長が塾生一人ひとりに対して,何を・どうやって・学習するべきかを指示します。
そして,各自が,塾長に指示された「その日にやるべきこと」を黙々と進めます。
わからない・解けない問題があれば,ヒントを与えたり解説をしたりします。
苦手な問題があれば,類題を集めたプリントを与えて鍛えます。


このようなスタイルの塾です。 


もう少し具体的に説明します。
以下のような指示をしながらの指導になります。

「今日,学校で『連立方程式の速さに関する文章題』を習ったんだね。じゃあ,まず学校で解いた教科書の問題をもう一度やってみて。教科書ガイドでこまめに答え合わせしてみてね。」

「教科書の問題は全部解けたね。じゃあ,今度は学校ワークのp.51をやってみて。同じ範囲だから。それが終わったら,塾テキストのp.95-6をやってみて。難しい問題もあるから,わからないのはヒントをあげるよ。」

「列車がトンネルを通過するタイプの問題が苦手なようだね。じゃあ,そのタイプの問題がまとめて載っているプリントを出すからやってみて。」

「どう?もう速さの問題は大丈夫かな?じゃあ,確認テストをやってみようか」

「今日は,理科は学校で何をやったの?化学変化の『還元』を習ったんだね。それじゃあ,化学変化をまとめて復習しようか。塾テキストのp.5-14をやってみて。丸つけは大問ごとね。最初の方はもう2週間くらい前だから忘れかけているでしょ?」

このように,細かく学習指示を出していきます。


自分のペースで,どんどん進めることができます。
得意なものはハイペースで。
苦手なものはゆっくりと。


また,毎日、長時間勉強することができます。
平日は3~5時間。
土日は6~9時間(テスト前は10時間以上)。


自分のペースでとことん勉強したい(勉強させたい)方にはぴったりの塾だと思います。


 

「学校の勉強の延長線上に志望校合格がある」。

これが桑都ゼミナールの教育理念,いや「信念」と言ってもいいものです。

都立高校受験で成功する生徒は例外なく,学校の授業を大切にしています。

学校の勉強を最大限に生かせば,国立や八王子東のような都立トップ校にだって合格できるのです。

「学校の勉強の延長線上に志望校合格がある」。
当塾はこの信念に基づいて,日々塾生を指導していきます。
 
 
 
ところで,中学生が1日(平日)に勉強できる時間はどのくらいあるのでしょうか。

通学時間,学活・部活の時間,食事時間,入浴時間,睡眠時間を合わせると約12時間。
これをさしひくと,1日の生活時間は約12時間。

仮に自由に過ごす時間を1時間与えるとしたら、

中学生の「勉強可能時間」,すなわち中学生が勉強にあてられる時間は,最大でも11時間程度になります。

そのうち,学校の授業時間は5時間以上あります。

つまり,中学生の「勉強可能時間」のうち約半分は学校の授業時間ということになります。


だから,学校での授業を有効活用することが最も効率の良い学習スタイルであるのは言うまでもありません。
もし,学校の授業時間をほとんど無為に過ごすとしたら,それは学習機会の「かなり致命的」なロスになります。



ただ,「授業」というものはただ受けるだけでは何の効果もありません

習ったことを何度も復習して定着させなければ,授業を受けた意味がありません。

「学校の授業を有効活用する」というのは、「学校の授業の復習をちゃんとする」と同義です。
「学校授業+その復習」のセットではじめて意味があるのです。




さて,ここで問題になるのは「復習」です。

ふつう,学校の復習は,生徒各自の家庭学習にゆだねられています。

しかし,一人できちんと復習できるのはほんの一握りの生徒だけでしょう。
多くの中学生が,学校の復習がまともにできていないのが現状です。

その意味で,多くの生徒が学校の授業を「無駄」にしていると言えます。
 
このような現状を背景にして,桑都ゼミナールの指導の方針やシステムがつくられました。

桑都ゼミナールの指導の中心は,生徒が本来自宅でやらなければいけない学校の復習を塾で効率的・効果的にやらせて,その内容を定着させることにあります。

塾生は塾に来たら,ノートまとめをしたり,先生が授業で強調したことを覚えたり,問題集で演習をしたりして,学校で習ったことをその日のうちに塾で復習します。

各自学習する中で理解できない(解けない)問題があれば,解説をしたりヒントを与えたりします。

苦手な問題があれば,類題演習プリントを出して集中的に練習させます。

他にも,直近に学校で小テストが予定されていればその対策を塾でおこないます。

このようにして,桑都ゼミナールは「学校の授業を最大限に生かす指導」を心がけています。


学校の進度に合わせて学習を進める塾。

学校の授業を最大限に生かして都立トップ校合格を目指す塾。


この意味で,桑都ゼミナールは,学校の定期テスト対策をせずひたすら受験のためのカリキュラムを進める進学塾とは対極にあります(そのような進学塾を否定しているわけではありませんよ!方法論が正反対だという意味です)。

 

桑都ゼミナールは,「復習こそ勉強である」と考えています。
桑都ゼミナールのおこなう学習指示のほとんどは,復習にかかわる指示と言っても過言ではありません。


いくら新しいことを学んでも,時間が経てばそのほとんどを忘れてしまいます。
復習をしなければ,せっかくの学習も無駄になります。

しかし,「復習しなさい」と言うだけで自らすすんで復習してくれる子はめったにいません。
「復習が大切なのはわかるけど,めんどうくさいなあ」と思う子はまだいい方です。
「なぜ同じことを何回もしなければいけないの」と疑問に思う子も少なくありません。


だから,「復習することで必ず成果が出る」
ということを身をもって実感させなければいけません。

「復習したらこんなにできるようになった!!」
という経験をさせなければいけません。

意識よりもまずは行動を変えてみること。意識の変革は行動の変革のあとについてきます。

桑都ゼミナールは,復習のやり方(タイミングや頻度もふくめて)をはっきりと示して,自主的にできるようにします。


当塾の復習指導についてご紹介する前に,ここで言う「復習」とはどのような行為なのかをはっきりさせておきます。

私の言う「復習」とは,具体的には,「(学校・塾で)学習した内容を暗記して,複数の問題集やプリントで演習すること」です。
暗記→演習」の一連の行動を「復習」ととらえています。
※もちろん,「ノートまとめ」も広い意味での「復習」の一つですが,まとめている最中には実力がつかないので,「復習一歩手前」の作業ととらえるべきだと思います。) 

復習をやらせる際の目安は「暗記:演習=2:8」ぐらいです。
短時間で暗記して,大量の問題で演習するというのが最も効果的なやり方だと思います。
時間をかけて完璧に暗記(インプット)するよりも,「だいたい覚えたかな」というタイミングで,演習(アウトプット)に切りかえるよう指導します。

さて,それでは,桑都ゼミナールでは,一人ひとりの塾生に対して,どのように復習を指示していくのか。

塾生が塾に来たらまず,「授業進捗状況表」に,その日の学校の授業がどこまで進んだかを記入させます。
それを元にして,たとえば,次のような復習の指示を出していきます。

「今日は学校で〇〇〇を習ったんだね。じゃあ、教材Aのp.19のまとめを10分ぐらいで覚えてみて。だいたい覚えたら,教材Aのp.20~21を解いてみて。大問ごとに丸つけしてね。」

「教材Aが終わったら,次は教材Bのp.31~32を演習してみて。さっきのと同じ範囲だから。それが終わったら今度は教材Cのp.25~26 をやってみよう。それが終わったら確認テストするからね。」

「先週勉強したコレ,もうそろそろ忘れかけているでしょ。今やっているのが終わったらもう1回やってみてね。」

このように,どの教材の・何ページを・どうやって復習するのかを細かく指示します。
塾生は指示通りに黙々と暗記や演習を進めます。
各自,暗記や演習を進める中で,わからないことがあれば,巡回している塾長に質問します。


自分で復習のコツやタイミングがつかんで,自主的にできるようになるまで,復習について一人ひとりに細かく指示をしていきます。

復習のコツやタイミングをつかんできた子には,こちらからの指示は最小限にとどめて,ある程度自己判断にゆだねます。


桑都ゼミナールは,生徒一人ひとりに「しつこい」復習指示をし,既習内容を「しつこく」反復させて定着させます。 



塾をお探しの方へ

桑都ゼミナールでは、近隣中学校の定期テストの過去問を配布することはありません。
当塾は、生徒が過年度の定期テストの問題を事前に見ることを「不正行為(カンニング)」だと考えています。


もちろん、開校したばかりの塾なので、過年度の定期テストのストックはないのですが、あってもやりません。


西八王子周辺の塾の中には、「定期テスト対策授業」と称して、積極的に過去問を配布する塾もあるようです。一切の罪悪感なく、むしろそれを売りにしているようです。もしそのような定期テスト対策をご希望であれば、当塾を塾選びの選択肢から外してください。


定期テストとは、日々の学習の成果を試すもの,日々どれだけ学校の授業を吸収・消化できているかを確認するものです。決して、テスト直前にテストに出そうなことをどれだけ覚えたかを確認するテストではありません。当塾はそのように考えております。
また、当塾は,試験範囲のすみずみまで覚えて定期テストに臨ませることを指導方針としております。

当塾の方針にご賛同いただける方だけにご入塾いただきたいと思います。

社会の学習において、教科書をじっくり読むことは不可欠です。

学校の授業で先生が教科書を使っていなくても、教科書の熟読は必要です。
実際、教科書を使わずにプリント中心の授業をする先生だって、ネタ元はほとんど教科書ですし。

20161210_123958
ただ読めといっても、たいていの生徒は字面を追うだけしかしないので、最初は、意識的に読むべきところを緑マーカーでぬってあげます。

社会の勉強では、一問一答形式の暗記もいいですが、教科書をじっくり読ませて重要語句を文脈の中で覚えさせたいですね。 

 

定期テストの国語は、良くも悪くも、暗記科目です。その意味では社会に近い科目です。

授業で先生が強調したポイントとワークで問題となっている部分を暗記すれば、おのずと高得点がとれます。
定期テストの国語では、読解力なんて問われていません。

効果的な勉強法として、教科書(もしくは教科書のコピー)に、板書内容、ワーク(学校のも塾のも)の内容をどんどん書き込んでいくことがおすすめです。

20161210_121145
20161210_121231

複数の教材から得られる情報を1つにまとめます。これは国語に限らず、勉強の基本作法の一つですね。
テスト直前期に「これだけ読んで覚えればいい」というのを1つ作っておくわけです。



このように、学力テストや入試とは異なる勉強法が求められます。定期テストでは、「読解力」があるだけではダメなんです。だって、定期テストの国語は、良くも悪くも、暗記科目なのだから。

 

問題演習中に、弱点(苦手分野)が発見されれば、それだけを集中的に練習できるプリントを出します。

弱点克服プリントのヴァリエーションは豊富にあります。
よくある典型的な弱点に対応するプリントはだいたい用意してあります。

しかし、つまずくところは生徒一人ひとり異なります。
「そこでつまずくのか~」と感じることなんてしょっちゅうです。だから、その子のためだけにプリントを作ることもよくあります。
当塾は、このような個別対応を「個別指導」だと考えています。大手塾のアルバイト大学生が教える1対2の「なんちゃって個別指導」とは全く別次元の個別指導です。

20161210_120928
写真は、関数の式を立てるのが苦手な生徒用。
「比例と反比例が混ざると、どっちの式を立てればいいかわからない」という生徒は少なくありません。


 

定期テストの予想問題を作ることがあります。

当塾の予想問題は必ず的中します。
 
だって、試験範囲のすべての内容を問題にしているから・・・。
よく出るものもあまり出ないものも問題にしています。
だから、100問を優に超える予想問題なんです。

大事なのは、ヤマをはることではなく、どんな問題が出ても解けるようにすることです。
それが「完璧主義」で定期テストに臨むということです。

20161212_151722








◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

桑都ゼミナールは、通塾回数無制限の塾です。
土日・祝日も開校しているので、週7回通塾も可能です。定期テストや入試の直前期には毎日通塾できる塾はよくありますが、桑都ゼミナールはいつでも毎日通塾が可能です。


以下に、当塾への通塾頻度・通塾回数の目安を示します。参考にしてください。


↓中1・中2の方は、このようなスケジュールで通塾するのがおすすめです。
スケジュール1



↓中3の方は、このようなスケジュールで通塾するのがおすすめです。
スケジュール2



桑都ゼミナールは、長時間滞在の塾ですので、食事や休憩のために一時帰宅することを認めています。


現在、通われている塾生の皆さんは、だいたい上記のスケジュールに近い形で通塾されています。
「毎日通塾」が当たり前の生徒さんがほとんどですね。
通塾回数が少ない生徒さんでも、週5回は来てくれます。
小学生の塾生も原則、毎日通塾し、1日2時間は勉強していきます。

テストがあろうとなかろうと、毎日勉強する人が強いのです。
中1・中2で、勉強時間(学校以外の)が週20時間超えるのはすごいことだと思いますよ。


大手のフランチャイズの個別指導塾で、当塾と同じような指導を受けようとすると、月謝7、8万円は下らないでしょう。





桑都ゼミナールにお通いいただくのであれば、最低週5回は来てもらいたいですね。週2、3回でしたら、当塾をあまり有効活用できないと思います。
「塾に毎日通うぞ」という強い意志のある方を大歓迎します。


 






◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

↑このページのトップヘ