桑都ゼミナール 西八王子にある“毎日通える”個別指導塾 小中学生のための高校受験専門塾

「桑都(そうと)ゼミナール」 西八王子にある高校受験専門の進学塾/「毎日通える」自律型学習塾/通塾無制限の学習塾/まじめな子のためのまじめな塾

※当塾は定員制の学習塾です。お問い合わせの前に、「残席情報」のページをご覧ください。

※入塾基準を「9科内申27(オール3)以上」とさせていただいております。

【連絡先】042-673-3353/soto.seminar@gmail.com

★☆西八王子の「毎日通える」個別指導塾★☆
桑都ゼミナールは西八王子にある「毎日通える」個別指導塾です。大手進学塾でキャリアを積んだ塾長が全生徒の全教科を直接指導します。塾生一人ひとりに対して,生活面もふくめて適切な受験指導をしていきます。「今のレベルよりも1ランク、2ランク上の高校」に合格させるため,妥協せずお子様を鍛え上げます。

★☆定額で毎日通える「通い放題」制★☆
桑都ゼミナールの授業料は学年ごとの定額制です。週に何回通っても,何教科の指導を受けても,授業料は変わりません。入塾したら是非毎日通っていただきたいと思います。通塾の曜日や時間も自由なので,いつ来ていただいてもかまいません。終了時間も決まっていないので,やるべきことが終わるまで,自分のペースでとことん勉強することができます。毎日、勉強だけに集中できる環境で、何時間でも勉強することができますので、当塾を自分の「勉強部屋」としてご活用いただけたらと思います。また,「勉強は塾でやり,家ではリラックスする」というメリハリをつければ勉強を毎日継続できるようになります。

カテゴリ: 特長

桑都ゼミナールは決して楽しい塾ではありません。

教室の中では、生徒同士のおしゃべりは禁止されています。

同じ学校の生徒でなければ、名前も学年も知らずに卒塾することになるでしょう。

同じ学校であっても、開始時間も終了時間も一人ひとり異なるので、一緒に通塾することもできません。

講師の世間話・雑談もありません。原則、勉強以外の話はしません。

各々、黙々と自分の課題を進めます。それも大量の問題演習をこなします。

塾特有の楽しい要素がまったくありません。その意味では、桑都ゼミナールは、非常に「つまらない塾」です。

塾で友達をつくりたいと思っている子、みんなでわいわいがやがやと勉強したいと思う子には絶対におすすめできません。


ただ、そんなつまらない塾ですが、勉強を楽しいと感じさせる塾でありたいとは思います。

できないことができるようになったり、テストで点数や偏差値が上がったら、誰だってうれしいものです。

子どもたちが、「わかる」ことや「できる」ことの喜び・楽しさを知り、自律的に勉強できるようになるための環境づくり。私はこれに、時間・労力・私財のすべてをかけています。

決して楽しい塾ではありませんが、「もっと成績を上げたい」とか「あの高校に行きたい」とか思っている子にはうちの塾はおすすめですよ。

定期テストの予想問題を作ることがあります。

当塾の予想問題は必ず的中します。
 
だって、試験範囲のすべての内容を問題にしているから・・・。
よく出るものもあまり出ないものも問題にしています。
だから、100問を優に超える予想問題なんです。

大事なのは、ヤマをはることではなく、どんな問題が出ても解けるようにすることです。
それが「完璧主義」で定期テストに臨むということです。

20161212_151722








◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

桑都ゼミナールは、通塾回数無制限の塾です。
土日・祝日も開校しているので、週7回通塾も可能です。定期テストや入試の直前期には毎日通塾できる塾はよくありますが、桑都ゼミナールはいつでも毎日通塾が可能です。


以下に、当塾への通塾頻度・通塾回数の目安を示します。参考にしてください。


↓中1・中2の方は、このようなスケジュールで通塾するのがおすすめです。
スケジュール1



↓中3の方は、このようなスケジュールで通塾するのがおすすめです。
スケジュール2



桑都ゼミナールは、長時間滞在の塾ですので、食事や休憩のために一時帰宅することを認めています。


現在、通われている塾生の皆さんは、だいたい上記のスケジュールに近い形で通塾されています。
「毎日通塾」が当たり前の生徒さんがほとんどですね。
通塾回数が少ない生徒さんでも、週5回は来てくれます。
小学生の塾生も原則、毎日通塾し、1日2時間は勉強していきます。

テストがあろうとなかろうと、毎日勉強する人が強いのです。
中1・中2で、勉強時間(学校以外の)が週20時間超えるのはすごいことだと思いますよ。


大手のフランチャイズの個別指導塾で、当塾と同じような指導を受けようとすると、月謝7、8万円は下らないでしょう。





桑都ゼミナールにお通いいただくのであれば、最低週5回は来てもらいたいですね。週2、3回でしたら、当塾をあまり有効活用できないと思います。
「塾に毎日通うぞ」という強い意志のある方を大歓迎します。


 






◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

桑都ゼミナールでは、原則、宿題は出しません。

宿題を出さない理由は2つあります。

まず1つは、宿題を出す必要がほとんどないからです。

そもそも、宿題とは、その日に勉強した内容を「定着」させるために出すものです。
授業で扱った問題をもう一度解かせたり、授業で解いた問題の類題を解かせたりして、その日に習ったことを復習させます。

通常の塾では、授業時間内で定着までさせることは難しいので、このように宿題として、家庭で復習させて定着を図るのです。

一方、当塾では、その日に勉強した内容は、その日のうちに塾で定着させてから帰宅させています。
また、毎日通塾することで、こまめに復習ができます。毎日、塾で、忘れる暇を与えないくらい復習させるので、はっきり言って宿題よりも学習内容を定着させることができます。
「勉強のすべてを塾内で完結させる」桑都ゼミナールでは、そもそも宿題を出す必要性がないのです。


宿題を出さない2つ目の理由は、語弊を恐れずに言えば、小中学生を信用していないからです。

宿題を出しても、ほとんどの小中学生が「いいかげん」にやります。
宿題が終わらせること自体が目的になって、急いで雑にやります。早く宿題を終わらせるために、答えを見ることだってあるかもしれません。
すべての生徒がそうだとは言いませんが、小中学生ではそうなるのがむしろ普通だと思います。
 
私は、「復習→定着」という勉強において最も大切なプロセスを、生徒まかせにしたくないのです。
宿題を出すくらいなら、毎日塾に来させて、私の目の前で復習をさせたいのです。


以上の理由により、当塾では、原則、宿題を出しません。ただ、どうしても出してほしいという要望が生徒本人からあれば、宿題を出してもいいですよ。

 

勉強とは、いつもシンプルなものだ。

勉強とは、端的に言えば、①目の前にある問題を、「できる問題」と「できない問題」に「仕分け」て、②「できない問題」をできるようにすることである。

いかなる勉強も、結局は、この①と②の作業に還元することができる。

だから、①の仕分け作業の段階で、ごまかしがあってはいけない。

「できる問題」とは、「一見して即座に答えもしくは解法が思い浮かぶ問題」のことである。
「時間をかけて、やっとできた問題」や「ヒントをもらってできた問題」は、「できない問題」に仕分けるべきなのだ。
この仕分け作業において、自分に厳しくできるかどうかが、今後勉強ができるようになるかの試金石ではなかろうか。

言うまでもなく、「できなかった問題」をこっそり(誰も見ていないから)「できる問題」に仕分けることは論外である。

自分に甘いヤツは、永遠に勉強ができるようにならない。

桑都ゼミナールは、自己鍛錬の場である。
自分に厳しくできる者たちだけが集う場でありたい。


 






◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103
 

当塾が指導する上でこだわっているのは、一人ひとりの生徒の学習の「過程」を観察することです。
 
 
どのくらいのスピードで問題を解いているか、
どのような姿勢で問題を解いているか、
どのくらいの集中力で問題を解いているか、
どのくらいの頻度で、丸つけをしているか、
どうやって暗記しているか、
どこで暗算して、どこで筆算をしているか、

などなど。


日々、生徒がどうやって勉強しているか、観察しています。
こうして観察すると、テストの結果からではわからないこともわかります。

学校や塾の出す宿題・課題、小テストは、学習の「結果」を確認するためのものです。
学校や塾の指導は、どうしても過程よりも結果に意識が向かいがちです。

桑都ゼミナールは、学びの「結果」を確認するだけではなく、学びの「過程」をつぶさに観察する塾でありたいと思います。







◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

進学塾  桑都(そうと)ゼミナール
■西八王子の個別指導塾
■“毎日通える”学習塾
■電話:042-673-3353
■メール:soto.seminar@gmail.com
■住所:八王子市散田町3-11-11関谷ビル103

近隣中学校では、学年末テストが終了しました。

横山中は昨日、七中は今日がテスト最終日でした。

テストが終わった日でも、ほとんどの塾生がいつもと変わらず来校してくれました(当塾は回数無制限の自由通塾制なので、休みたければ休んでもいいんです)。

「テスト終わったから、あーそぼ」などと考えるような塾生はいなかったということです。

桑都ゼミナールは、そういう子の集まる塾なんです。

日々コツコツと何かを継続させることは本当に難しいことです。

大人でもなかなかできません(私もできません)。 

中学生にして、それができている塾生諸君を誇りに思います。


勉強は、「やればできる」のではありません。「やりつづければできるようになる」なんです。


 

3月ですので、塾を探している方が多いようです。

当塾でも、連日、お問合せをいただいております。
ウチのような超零細塾に注目していただけるのは本当にありがたいことです。

中学部(中1~中3)の残席はあと6席です(3月9日現在)。満席になり次第、募集を停止します。

と言っても、決して入塾を急がないでくださいね。塾選びは慎重にお願いします。塾選びでお子様の将来が変わるかもしれません。マニアックな塾なので、急がなくてもすぐには満席になりませんよ(笑)。

お問合せをいただいた方とお話しをしていて初めて気づいたのですが、どうやらウチの塾を「きびしい塾」だと思っている方が多いようです。

「上から目線」なチラシやブログのせいでしょうか・・・。

まあ、厳しい塾だと思ってくれるのはありがたいことです。ヌルい塾だと思われるよりは100倍マシです。 

では、実際はどうでしょうか。


全然厳しい塾ではありませんよ。


強いて言うならば、桑都ゼミナールは、「しつこい塾」だと思います。「うざい塾」と言っていいかもしれません。

たとえば、

同じ英単語テストを毎日やらせたり、

同じワークを5回以上やらせたり、

大事なポイントは毎日説明したりします。

また、塾生が塾に来るのが遅かったら、「今日、何時に来るの?」「今日、何で来ないの?」と連絡したり、


テスト前日に自宅学習をしている塾生に、「アレ、覚えた?覚えてなければ今すぐ覚えて!」と連絡したり、

テスト当日の朝に、「定規とコンパス忘れずに」と連絡したりします。



私は塾生の成績を上げることに妥協したくないのです。しつこくなったり、うざくなったりするのはそのせいです。

「それでもいい」という方のみ入塾してください。

当塾は、塾生の皆さんに、勉強に専念できる最良の「環境」「雰囲気」を提供する塾です。


当塾の最大の売りは、ズバリその学習環境です。
大手塾によくある「すし詰め」教室、「和気あいあい」の生ぬるい雰囲気とは、はっきり言ってレベルがちがいます。


教室内では私語厳禁です。同じ中学の友達や先輩・後輩がいても、完全無視がルールです

中学生同士の「なれ合い」を徹底的に排除した空間です

余計な人間関係を気にせず、勉強だけに専念できます。特に、日頃から、煩わしい人間関係に悩まされている中学生女子にはあつらえ向きだと思います。


塾生一人ひとりに、指定席を与えています
行けば自分専用の机がある、という塾はなかなか珍しいと思います。

2018-06-10 11.33.11


各机には、本棚や文房具など、いろいろと備え付けております

20180618_145831

ティッシュ、裏紙(計算用紙)、タイマー、ミニほうき&ミニちりとり、ペン、名前マジック、ハサミ、ホチキス、穴あけパンチ、修正テープ、スティックのり、シャープペンの芯など…

あと、英和辞典、国語辞典、理科や社会の用語集なんかも各座席に置いてあります

大学ノートや消しゴムも無料でさしあげています


さらに、すべての机に、タブレットPCを設置しておりますインターネットにもつながっていますので、わからないことがあったらすぐに調べることができます。また、授業動画を見たり、学習アプリを使ったりすることもできます。


勉強する上で必要なものがすぐ手元にあり、それらが使いたい放題です


先生に用があるときに簡単に呼び出せるように、ベルも設置してあります静かな場所で恥ずかしくて声をかけられないシャイボーイズ&シャイガールズは、ベルでチンと鳴らして先生を呼び出せばいいんです。
IMG_20180610_131811




自分で言うのもナンですが、「至れり尽くせり」の学習環境を提供しています。まあ、お金もずいぶんかかりましたよ(笑)

勉強に真面目な子にとっては快適な空間だと思います。その反面、勉強嫌いの子にとっては、たいそう居心地の悪い空間かもしれませんね
(私語ひとつもない静寂、周囲がカリカリと勉強している雰囲気に耐えられない子もいるようですから)

これからも、「勉強にとことん専念できる環境」の維持・向上に努めていきますよ!

↑このページのトップヘ