桑都ゼミナール 西八王子にある“毎日通える”個別指導塾 小中学生のための高校受験専門塾

「桑都(そうと)ゼミナール」 西八王子にある高校受験専門の進学塾/「毎日通える」自律型学習塾/通塾無制限の学習塾/まじめな子のためのまじめな塾

※当塾は定員制の学習塾です。お問い合わせの前に、「残席情報」のページをご覧ください。


【電話番号】042-673-3353
【メール】soto.seminar@gmail.com
※お問い合わせは、できればEメールでいただけると助かります。


★☆西八王子の「毎日通える」個別指導塾★☆
桑都ゼミナールは西八王子にある「毎日通える」個別指導塾です。大手進学塾でキャリアを積んだ塾長が全生徒の全教科を直接指導します。塾生一人ひとりに対して,生活面もふくめて適切な受験指導をしていきます。「今のレベルよりも1ランク、2ランク上の高校」に合格させるため,妥協せずお子様を鍛え上げます。

★☆定額で毎日通える「通い放題」制★☆
桑都ゼミナールの授業料は学年ごとの定額制です。週に何回通っても,何教科の指導を受けても,授業料は変わりません。入塾したら是非毎日通っていただきたいと思います。通塾の曜日や時間も自由なので,いつ来ていただいてもかまいません。終了時間も決まっていないので,やるべきことが終わるまで,自分のペースでとことん勉強することができます。毎日、勉強だけに集中できる環境で、何時間でも勉強することができますので、当塾を自分の「勉強部屋」としてご活用いただけたらと思います。また,「勉強は塾でやり,家ではリラックスする」というメリハリをつければ勉強を毎日継続できるようになります。

カテゴリ: 塾生・保護者様への連絡

塾生の皆さんへ


皆さんに配布した『中学必修テキスト』の進め方について、少しアドバイスさせていただきます。
IMG_20200418_115832


『中学必修テキスト』は教科書に準拠した教材ですので、まずはテキストの問題を解く前に、教科書をよく読んでください

そうですね、少なくとも3回くらいは教科書を読んでください。できれば、音読がいいですね。



教科書をよく読んだら、テキストに取り組みましょう。

ただ、いきなり問題を解き始めるのではなく、各単元冒頭の「全体像の確認」「知識の確認」の目を通しましょう。

いや、目を通すだけでは不十分ですね。「ここは大事だ」と思うところに線を引いたり、勉強するなかで得た情報を書き込んだりしておきましょう。
20200418_195029
※「全体像の確認」では、あらすじや要旨が図式化されています。


20200418_195507
※「知識の確認」では、作者のこと、文学史、詩歌の表現技法などが解説されています。



ここまでできたら、ようやく問題を解き始めましょう。

問題は、ノートに解きましょう理由はもちろん、あとで何度も反復するためです。

また、ノートは、余白をたっぷりとってぜいたくに使ってください



1ページ(見開き1ページの場合もある)解いたら、丸付けです

丸付けをためてはいけません。

丸付けでは、〇×をつけて、正しい答えを赤ペンで書いてください。ただし、それだけで終わってはいけませんよね

解説をよく読んで、「なるほど!」とか「そう答えれば(考えれば)よかったんだ!」と感じたことを、ノートの余白にちゃんとメモをしておいてください。

また、「何を間違えたのか」「なぜ間違えたのか」もメモしておくといいですね

記述問題では、自分の解答と模範解答を比較(ひかく)して、何が必要で、何が不要なのかを分析・検討するのもいいですね(少し難しいかもしれませんが)。

国語に限ったことではありませんが、このような「ノートの余白へのメモ」がとても大切なんですよ。
20200418_165154


IMG_20200418_120001
※『中学必修テキスト』の解説はとてもくわしいので、よく読んでください。



国語に限りませんが、今やっているページを完璧にしてから、次のページに進むを徹底してください。コレ大事です。

似たような問題が形を変えて何度も出てきますので、不十分な理解のまま進めると、同じ間違いを繰り返しますよ。



以上です。


がんばりましょう!


meganekakehiyoko





塾生の皆さん


在宅学習おつかれさまです。


明日4月17日(金)は、私が塾にいる日です。
※私が塾にいる日については、連絡版にアップしております。


「ノートをくれ!」

「暗記用のペンをくれ!」

「プリントをくれ!」

「この問題がどうしてもわからん!」
など、

私に何か用事がありましたら、塾におこしただいてかまいません。



ただし、同じタイミングで生徒がたくさん集まらないよう(「密」をを避けるため)、ご来校の際は事前にご予約ください


今は外出自粛中ですが、皆さんも、散歩程度はしていいと思います。


というか、家に中にずっとこもっていたら、それはそれで不健康だと思いますよ。


ですので、

「散歩」という体(てい)で少しの時間だけ外出し、塾にちょっと立ち寄るくらいは許されるんじゃないかと、まあ、個人的には思います。

もちろん、外出については親御様の方針にしたがってくださいね)。


長く引き留めることはありません。原則5分~10分程度で帰します(長くても、15分程度)。


よろしくお願いします。





R0022428
※外出自粛で太ったひよこ





塾生の皆さんへ


英語の教科書を勉強するときは、必ず教科書本文の音声を聴きましょう


教育出版さん(教科書会社)のページで、教科書本文の音声を聴くことができます。コチラをクリック


発音やアクセントを確認して、教科書に書き込んでおきましょう。


また、音声にしたがって、自分でも声に出して読んでみましょう


30回くらい音読してみると、暗唱できるようになりますよ。


ぜひ試してみてください!


piyousa-dokusho




塾生の皆さんへ


在宅学習、ごくろうさまです。


いつも言っていることですが、「勉強の基本動作」(勉強中に心がけるべきこと)を改めて確認しますね。


①テキストの問題を解くときは、直接テキストに書き込まず、ノートにやること

言うまでもなく、あとで何度も復習するためです。「一度きりの勉強」なら、やらない方がマシです。

学校の教材については、先生に提出しなければいけませんので、直接書き込んでもかまいません。仕方ありません。もちろん、提出しなくてもいい教材なら、書き込まないほうがいいでしょう。



ノートは、余白をたっぷりとって、ぜいたくに使うこと。あとで、ノートの余白にメモをとるためです。

ぎゅうぎゅう詰めのノートは、機能的ではありません。



「アウトプット」(問題演習)は、「インプット」(解き方や知識を身につけること)をしてからやる

そもそも、何も知らずに問題を解き始めても解けませんよ。

数学だったら、例題を自力で解けるようにしてから、
英語だったら、例文や教科書本文を暗記してから、
国語だったら、教科書をよく読み、知らない言葉をちゃんと辞書で調べてから、
理科と社会だったら、教科書をよく読んだり、テキストのまとめページを覚えたり、動画を見たりしてから、

問題演習をしてくださいね!



問題演習中は、できるかぎり何も見ずに問題を解くこと

わからないこと・知らないことを調べたり質問したりするのは立派ですが、その前に、まずは自分の頭でよく考えること

「考えても、考えても、それでもわからない、もうギブアップ!」という状況になったらはじめて質問したり調べたりしましょう。

まずは、答えは「自分の中」にあると考える。
「自分の中」を掘り出しても出てこないときだけ、「自分の外」(先生、参考書、ネットなど)に助けを求める。


あと、調べたり質問したりしてわかったことは、ノートの余白(あるいはテキストのまとめページや教科書など)にちゃんとメモをとっておくこと



丸付けはこまめにすること間違いは、早めに訂正(ていせい)するべきです。大問一つ解いたら、丸付けをするのが理想です。せめて、1ページ解いたら、必ず丸付けをしてください。丸付けをためてはいけませんよ。古来、日本には「丸付けと大便はためるな」という格言があるくらいです(←ねーよ)


間違えた問題は、「その場で」「すぐに」解き直してください(特に数学)。解き方がわからなかった問題は、解説を参考にしてもいいので、自分でも解いてみてください。




正しい答え、正しい解き方、また、解説を読んで「なるほど!」とか「これは覚えておかなきゃ」と思ったことは、ノートの余白にメモをとりましょう(そのためには余白はたっぷりっとてノートを使うこと)。



間違えた原因を、メモしておくといいでしょう

たとえば、「( )をはずすときに、符号の間違いをしている!」とか、

「問題文のこの部分の意味がよくわからなかった!」とか、

できるだけ具体的に書ければいいですね。

あるいは「問題の読み間違い!なんでこんな初歩的なミスをしたんだ!私のバカ!」のような感想を書いてもいいですよ。

ミスの原因を書いておけば、自分がどんなことでいつも間違えているのかがわかります。自分自身の「ミスのパターン」を知ることも必要です。



間違えた問題は、テキストに印をつけておいてくださいあとで復習しやすくなります。

何度も復習するなかで、印がたくさんついている問題(つまり、何度も間違えた問題)があれば、それはあなたにとって「重要な問題」(つまり、あなたの「宝物」)ということです。



できなかった問題(間違えた問題、わからなかった問題)、ノートの余白にメモをしたことは、復習ノートやルーズリーフ、あるいはカードなどにまとめてみましょう。まとめ方は、皆さんの創意工夫(そういくふう)にゆだねます。

ノートまとめは、できなかったこと、知らなかったことだけでかまいません。ノートまとめは、ピンポイントなものテーマ別なものがいいんです。網羅的なノートまとめは必要ありません。



以上です。このように、勉強は、赤ペンで正しい答えを写すだけで終わってはいけません。

「丸付けをしてから」が勉強なんです。


ぜひ参考にしてください。





meganekakehiyoko








塾生の皆さんへ

日々の在宅学習、ごくろうさまです。


昨日4月13日(月)の「学習スケジュール&学習報告書」の提出率を発表します!


ご確認ください。



中1 
スケジュール:100%  
報告書66(2名未提出)
中2 
スケジュール:100%
報告書60%(2名未提出
中3 
スケジュール:100%  
報告書100%(すばらしい!)



全学年、提出率100%を目指します!!


※なんかブラック企業の「パワハラ」メールみたいだなw





niyatsuki-hiyoko






中3生の皆さんへ

在宅学習おつかれさまです。

当面の学習についての指示を出します。


【学校の課題について】
学校から出された課題を進めてください。特に、中3の内容については、単に「終わらせること」を目的にせず、じっくりと取り組んでください。教科書を参考にして進めればいいと思います。わからないところは、ネットで調べたり、私に質問したりしてください。





【数学について】
『新中学問題集数学』p.7~p.33をしっかりとやり込んでください。何度も何度も復習して、「教材をやり込む」という経験をしてください。

・25ページまでを「飽きるほど」「うんざりするほど」やり込んだら、p.37~の「平方根」に入ってください。

・途中式を書くようにしましょう。また、丸付けはこまめにやってください。





【英語について】
年の教科書のLesson 1の本文を暗記してください。本文を覚えるときは、音声を聴きながら覚えるといいですよ。→教科書本文の音声はこちらで聴けます!

・教科書の本文を覚えたら、『新ワーク』のLesson 1の範囲をやってください
「Part1の本文を覚えたら、『新ワーク』のPart1の問題を解く」という感じで、パートごとに、本文暗記→問題演習をしていくといいでしょう。
『新ワーク』は、書き込まずにノートにやってください。また、こまめな丸付けを徹底してください。

「基礎英単語①~④」プリント、「不規則動詞の活用」プリント、「精選英単語330」プリントを何度も練習してください。先日のカリキュラムテストの出題範囲になっていましたが、もう忘れているでしょうから、ちゃんと復習してください。
セルフテスト用のプリントをダウンロードできるようにしました。プリントアウトして、ご利用ください。

基礎英単語テスト①

基礎英単語テスト②


基礎英単語テスト③


基礎英単語テスト④


不規則動詞の活用テスト

精選英単語330テスト

・英文法のテキストで、「受け身の文(受動態)」「現在完了」を何度も復習して、マスターしておいてください。





【国語について】
教科書で「春に」「立ってくる春」「私」を読んでください。できれば、声に出して読むのがいいでしょう。そのあとで、『中学必修テキスト』で、それぞれの単元の問題を解いてください。もちろん、ノートにやってください。





【理科について】
動画「電解質と非電解質」動画「電気分解」動画「原子の構造、電解質イオン」を見たうえで、それに対応する『新中学問題集』の問題を解いてください。(※動画に直接とぶリンクを貼っていますが、ログインページが表示されるかもしれません。その際は、ログインをして該当の動画を探してください)

動画「細胞分裂と生物の生長」動画「生物のふえ方と形質・遺伝」動画「無性生殖と遺伝」を見たうえで、それに対応する『新中学問題集』の問題を解いてください。





【社会について】
・学校によって進度が異なりますので、一律の指示は出せません。
1学期の期末テストの範囲になりそうな部分を自分で予想して、学習を進めてください。
教科書をよく読んでください。また、動画見られますので、ご利用ください。
内容をある程度、頭に入れたら『ワーク』の問題を解いてみてください。





【第2回カリキュラムテストについて】
第2回カリキュラムテストは、5月7日(木)・8日(金)に延期します(7日に塾に来ない子は、8日に受けてもらいます)。


出題範囲は以下の通りです。第1回で出題された内容もふくまれます。第1回をちゃんと復習しておきましょう。


数学

・『新中学問題集3年』p.7~p.33(※ただしp.30は除く)

テキストの問題とまったく同じ問題を40~50題出します。テキストからの「切り貼り」でテストを作りますので、まったく同じ問題です。数字も変えていません。
※テストでは、途中式も書いてもらいます。
※出題される問題はすべて、あらかじめ与えられている問題です。初見問題はありません。どうか「満点」を目指してください。


英語

・プリント「基礎英単語①~④」(日本語を見て、英語で書けるようにする)

・プリント「不規則動詞活用テスト」(各動詞の意味、過去形、過去分詞を書けるようにする)

・プリント「精選英単語330」(英単語を見て、その意味を日本語で書けるようにする)

・『ONE WORLD3年』(3年の教科書)のLesson 1の本文を暗記してくる(日本語訳を見て、本文を英語で書けるようにする)。

※英単語は前回と同じプリントから出題します。
※問題数は、怒濤(どとう)の100問です。各1点。部分点なし(1点だから、あげたくてもあげられないw)。
※完全なる「暗記テスト」にしたいと思います。思考力や論理力は不要です。どうか満点を目指してください。


がんばりましょう!






jukenseihiyoko










中2生の皆さんへ

在宅学習おつかれさまです。

当面の学習についての指示を出します。


【学校の課題について】
学校から出された課題を進めてください。特に、中2の内容については、単に「終わらせること」を目的にせず、じっくりと取り組んでください。教科書を参考にして進めればいいと思います。わからないところは、ネットで調べたり、私に質問したりしてください。





【数学について】
『新中学問題集数学』p.7~p.25をしっかりとやり込んでください。何度も何度も復習して、「教材をやり込む」という経験をしてください。

・25ページまでを「飽きるほど」「うんざりするほど」やり込んだら、p.31~の「連立方程式」に入ってください。

・途中式を書くようにしましょう。また、丸付けはこまめにやってください。





【英語について】
2年の教科書のLesson 1の本文を暗記してください。本文を覚えるときは、音声を聴きながら覚えるといいですよ。→教科書本文の音声はこちらで聴けます!

・教科書の本文を覚えたら、『新ワーク』のLesson 1の範囲(p.2~p.17)をやってください
「Part1の本文を覚えたら、『新ワーク』のPart1の問題を解く」という感じで、パートごとに、本文暗記→問題演習をしていくといいでしょう。
『新ワーク』は、書き込まずにノートにやってください。また、こまめな丸付けを徹底してください。

プリント「基礎英単語①~④」、プリント「動詞の意味と活用テスト」を何度も練習してください。先日のカリキュラムテストの出題範囲になっていましたが、もう忘れているでしょうから、ちゃんと復習してください。
セルフテスト用のプリントをダウンロードできるようにしました。プリントアウトして、ご利用ください。

基礎英単語テスト①

基礎英単語テスト②


基礎英単語テスト③


基礎英単語テスト④


動詞の意味と活用テスト


・英文法のテキストで、「過去進行形」「未来の文」をマスターしておいてください。それができたら、「助動詞」に入ってください。





【国語について】
教科書で「虹の足」「タオル」を読んでください。できれば、声に出して読むのがいいでしょう。そのあとで、『中学必修テキスト』で、「虹の足」と「タオル」の問題を解いてください。もちろん、ノートにやってください。





【理科について】
動画「物質の分解」動画「熱による分解」動画「電流による分解」を見たうえで、『ウイニング』のp.6~p.8の問題を解いてください。(※動画に直接とぶリンクを貼っていますが、ログインページが表示されるかもしれません。その際は、ログインをして該当の動画を探してください)

動画「植物と動物の細胞のつくり」動画「単細胞生物と多細胞生物」を見たうえで、『ウイニング』のp.54-p.55の問題を解いてください。





【社会について】
・学校によって進度が異なりますので、一律の指示は出せません。
1学期の期末テストの範囲になりそうな部分を自分で予想して、学習を進めてください。
教科書をよく読んでください。また、動画見られますので、ご利用ください。
内容をある程度、頭に入れたら『ワーク』の問題を解いてみてください。





【第2回カリキュラムテストについて】
第2回カリキュラムテストは、5月7日(木)・8日(金)に延期します(7日に塾に来ない子は、8日に受けてもらいます)。

出題範囲は以下の通りです。第1回で出題された内容もふくまれます。第1回をちゃんと復習しておきましょう。


数学
・『新中学問題集2年』p.7~p.25

テキストの問題とまったく同じ問題を25題出します。テキストからの「切り貼り」でテストを作りますので、まったく同じ問題です。数字も変えていません。
※テストでは、途中式も書いてもらいます。
※出題される問題はすべて、あらかじめ与えられている問題です。初見問題はありません。どうか「満点」を目指してください。



英語
・プリント「基礎英単語①~④」(日本語を見て、英語で書けるようにする)

・プリント「動詞の意味と活用テスト」(各動詞の意味、過去形を書けるようにする)

・『ONE WORLD』(教科書)のLesson 1の本文を暗記してくる(日本語訳を見て、本文を英語で書けるようにする)。

※英単語は前回と同じプリントから出題します。
※問題数は、怒濤(どとう)の100問です。各1点。部分点なし(1点だから、あげたくてもあげられないw)。
※完全なる「暗記テスト」にしたいと思います。思考力や論理力は不要です。どうか満点を目指してください。




がんばりましょう!






jukenseihiyoko






塾生の皆さんへ


数学だけでなく、理科と社会の映像授業も見られるようにしました。


ログインページへのリンクを貼っておきます。コチラをクリックしてください。


動画を見ながら、新学年の予習をしてみましょう。

また、3年分の動画が見られるので、中3生は、これで1・2年の復習をしてもらってもかまいません。



理社の動画は、アニメーションを駆使したもので、なかなかおもしろいですよ。

また、だいだい10分以内の動画ですので、集中を切らさずに見ることができると思います。


ただ、動画を見ても、頭に入ってこない子もたぶんいると思います。

頭に入ってこないときは、「メモをとりながら」見るのもいいと思います。


ぜひ活用してくださいね。


neko-jama


塾生の皆さんへ


在宅学習、ごくろうさまです。


わからない問題があれば、遠慮なく質問ください。


こんな感じ↓の解説を添付して返信します。
IMG_20200413_121335


もちろん、書面での解説では限界もありますし、私の書いた解説がわかりにくいということも多分にあると思いますので、


もし、テキストの解説、私の書いた解説を見てもよくわからなければ、電話していただいてもかまいませんよ(携帯に電話ください)。


その他なんでも、遠慮なくご相談ください。


がんばりましょう!




good-hiyoko





塾生の皆さんへ

何人かの塾生から、学校から出された課題(休校中の宿題)を見せてもらいました。

すべての中学校のすべての学年の課題を確認したわけではありませんが、

課題には、既習内容だけでなく、新学年の内容もふくまれているようです。

また、話を聞くかぎり、新しい内容は、教科書を見ながら取り組むよう言われたそうです。



ところで、先週金曜日に、文科省から以下のような発表がありました。

IMG_20200413_095700
記事全文はコチラをクリック


この文科省の発表をそのまま受け取れば、今回の課題にふくまれている新学年の内容は、学校再開時には、「やった(教えた)」と見なされ、もう授業では教えてくれないのかもしれません


まあ、もちろん、そこまで割り切った指導はされないだろうとは思いますが、「学校では教えてくれないかも」という心づもりで休校中の課題(特に、新学年の内容)には取り組んだほうがよさそうですよ。


わからないことがあれば、遠慮なく、質問・相談してください!


odorokimakuru-hiyoko



↑このページのトップヘ